借家からのスタート

1955 - 1957
初代牧師 望月明・はま子師


郡山市大町に貸し布団倉庫を借りて。初代牧師に望月師夫妻を迎え2年間、この場所で牧会が行われました。

1957 - 1965
二代目牧師 丹沢陞・幹子師

郡山市大町、堤下、菜根と3カ所に開拓地を広げての牧会。8年間の任期の中で、第一回会堂建築も行われました。

1965 - 1970
三代目牧師 安齋来・供栄師

進駐軍兵舎を移築した菜根第一会堂にて5年間牧会がなされました。

会堂建築

1970 - 1977
四代目牧師 谷口鉄男・以津子師

1977 - 1986
五代目牧師 大塚学・ハツ枝師

谷口師夫妻の在任中に菜根第二会堂が建築されました。その後大塚師夫妻へと引き継がれ、10年間牧会がなされました。

1986 - 1988
六代目牧師 佐藤ゆきみ師

1988 - 1990
七代目牧師 渡部臨師

佐藤師在任中には会堂の改修が行われました。渡部師の牧会のもとでは教会教派を超えた協力と交流が進められました。

新会堂建築

1991 - 現在
八代目牧師 三箇義生・豊実師


91年からは現職である三箇師夫妻を迎え牧会がなされています。95年には教会現住所である安積町日出山に新会堂を建築。以来、「郡山グレースガーデンチャペル」として地域社会に根ざしながら、活動を広げています。


■カウンセリング等お問い合わせ

We'd like to contact with you